Billboard Top Contemporary Jazz Albums charts

ビルボード トップ・コンテンポラリー・ジャズ・アルバムチャート (随時更新)

2004 - 2005 / 2006 / 2007


2006/12/09 日付 ピーター・ホワイト12位 - 22週目

1. Kenny G /I'm In The Mood For Love...The Most Romantic Melodies Of All Time(2週目)
2 Kenny G /Holiday Collection (6週目)
3. Chris Botti /December (7週目)
4. George Benson & Al Jarreau /Givin' It Up (6週目)
5. Various Artists /Forever, For Always, For Luther Volume II (初登場)
6. Boney James / Shine (9週目)
7. Medeski Scofield Martin & Wood /Out Louder (9週目)
8. Nina Simone /Remixed & Reimagined (4週目)
9. Fourplay/X (16週目)
10. Kenny G / The Essential Kenny G (44週目)
11. Wayman Tisdale /Way Up! (22週目)
12. Peter White /Playin' Favourites (22週目)
13 Herbie Hancock/Possibilities(65週目)
14. Paul Hardcastle /Jazzmasters V (18週目)
15. The Rippingtons /20th Anniversary(18週目)

cover

Various Artists
(Kirk Whalum, Jeff Lorber, Gerald Albright...and more)
Forever, For Always, For Luther Volume II


2006/12/02 日付 ピーター・ホワイト13位 - 21週目

1. Kenny G /I'm In The Mood For Love...The Most Romantic Melodies Of All Time(初登場)
2 Kenny G /Holiday Collection (5週目)
3. Chris Botti /December (6週目)
4. George Benson & Al Jarreau /Givin' It Up (5週目)
5 Boney James / Shine (8週目)
6. Medeski Scofield Martin & Wood /Out Louder (8週目)
7. Nina Simone /Remixed & Reimagined (3週目)
8. Fourplay/X (15週目)
9. Kenny G / The Essential Kenny G (43週目)
10. Wayman Tisdale /Way Up! (21週目)
11. Paul Hardcastle /Jazzmasters V (17週目)
12 Herbie Hancock/Possibilities(64週目)
13. Peter White /Playin' Favourites (21週目)

cover

Kenny G
I'm in the Mood for Love...
The Most Romantic Melodies of All Time


2006/11/25 日付 ピーター・ホワイト9位 再びTop10入り! - 20週目 (2006/11/16up)

1. Kenny G /Holiday Collection (4週目)
2. George Benson & Al Jarreau /Givin' It Up (4週目)
3. Chris Botti /December (5週目)
4. Boney James / Shine (7週目)
5. Nina Simone /Remixed & Reimagined (2週目)
6. Medeski Scofield Martin & Wood /Out Louder (7週目)
7. Fourplay/X (14週目)
8. Paul Hardcastle /Jazzmasters V (16週目)
9. Peter White /Playin' Favourites (20週目)
10. Wayman Tisdale /Way Up! (20週目)
11. Herbie Hancock/Possibilities(63週目)
12. Kenny G / The Essential Kenny G (42週目)
13. The Rippingtons /20th Anniversary(16週目)
14. Marion Meadows/Dressed To Chill(25週目)
15. Jamie Cullum /Catching Tales(57週目)

ピーター、再びトップ10にチャート・インしました。今週から恒例のクリスマス・ツアーも
始まり、ホリディ・アルバム "Songs of the Season"と共に更なるファンを増やしたいですね。
ブライアンの新譜がもういないんですが・・。あれ〜、という感じですが。それにしても
ケニー・Gのクリスマスは強い。毎年この時期は彼のホリディ・アルバムがトップですね〜。

そしてもう一人はクリス・ボッティ。Amazon US のスムース・ジャズ・
売り上げチャートというものが
(一時間ごとに更新)あるのですが、なんとクリス・ボッティは現在、10位以内に4枚もランク・インして
おります。人気ありますね〜。ちなみに下の4枚です。

cover cover cover cover

December

When I Fall In Love

To Love Again

Live With Orchestra


2006/11/18 日付 ピーター・ホワイト12位 - 19週目 (2006/11/09up)

1.George Benson & Al Jarreau / Givin' It Up (チャート・イン3週目)
2. Boney James / Shine (6週目)
3. Kenny G /Holiday Collection (3週目)
4. Chris Botti /December (4週目)
5. Wayman Tisdale /Way Up! (19週目)
6. Nina Simone /Remixed & Reimagined (初登場)
7. Medeski Scofield Martin & Wood /Out Louder (6週目)
8. Fourplay/X (13週目)
9. Brian Culbertson/A Soulful Christmas (初登場)
10. Paul Hardcastle /Jazzmasters V (15週目)
11. Herbie Hancock/Possibilities(62週目)
12. Peter White /Playin' Favourites (19週目)
13. The Rippingtons /20th Anniversary(15週目)
14. Jamie Cullum /Catching Tales(56週目)
15. Kenny G / The Essential Kenny G (41週目)

人気のブライアン・カルバートソンのホリディ・アルバムが初登場9位にランクインです。
このアルバムにはピーターも一曲参加しております。(PW appeas on
2006

Brian Culbertson
A Soulful Christmas

Nina Simone
Remixed & Reimagined


2006/11/11 日付 ピーター・ホワイト11位 - 18週目 (2006/11/04up)

1.George Benson & Al Jarreau / Givin' It Up (チャート・イン2週目)
2. Boney James / Shine (5週目)
3. Medeski Scofield Martin & Wood /Out Louder (5週目)
4. Kenny G /Holiday Collection (2週目)
5. Fourplay/X (12週目)
6. Chris Botti /December (3週目)
7. Paul Hardcastle /Jazzmasters V (14週目)
8. Wayman Tisdale /Way Up! (18週目)
9. Jamie Cullum /Catching Tales(55週目)
10. Herbie Hancock/Possibilities(61週目)
11. Peter White /Playin' Favourites (18週目)
12. The Rippingtons /20th Anniversary(14週目)
13. Mindi Abair /Life Less Ordinary(28週目)
14. Marion Meadows/Dressed To Chill(23週目)
15. Joyce Cooling /Revolving Door (7週目)

ボニー・ジェイムスの "Shine" を抑えてジョージ・ベンソンとアル・ジャロウのGivin' It Up が
トップになりました。そして又〜この季節になるとリリースされるケニー・Gのホリディ物が4位に入って
おります。残念ながらPWは先週の7位から11位にダウン。でも10位内に17週もチャートインしていたのは
初記録かと思います。

cover

cover

George Benson & Al Jarreau
Givin' It Up

Kenny G
Holiday Collection


2006/10/21 日付 ピーター・ホワイト4位 - 15週目 (2006/10/12up)

1. Boney James / Shine (2週目)
2. Medeski Scofield Martin & Wood /Out Louder (2週目)
3. Fourplay/X (9週目)
4. Peter White /Playin' Favourites (15週目)
5. Wayman Tisdale /Way Up! (15週目)
6. Paul Hardcastle /Jazzmasters V (11週目)
7. Jamie Cullum /Catching Tales(52週目)
8. The Rippingtons /20th Anniversary(11週目)
9. Herbie Hancock/Possibilities(58週目)
10. Marion Meadows/Dressed To Chill(20週目)
11. Tommy Emmanuel / The Mystery (4週目)
12. Joyce Cooling /Revolving Door(4週目)
13. Lee Ritenour / Smoke'N'Mirrors (7週目)
14. Mindi Abair /Life Less Ordinary(25週目)
15. Kenny G / The Essential Kenny G (37週目)

ボニー・ジェイムスの "Shine" が連続のトップです。
SmoothJazz.Comのアルバム・チャートでも12連続一位のPWを抑えてトップに
なりました。
R&Rのシングル・チャートではPWの "What does it take"がまだまだトップを
独走中です。 ボニー・ジェイムスのシングルは3位です。


2006/10/14 日付 ピーター・ホワイト6位 - 14週目 (2006/10/05up)

1. Boney James / Shine (初登場)
2. Medeski Scofield Martin & Wood /Out Louder (初登場)
3. Fourplay/X (8週目)
4. Paul Hardcastle /Jazzmasters V (10週目)
5. Wayman Tisdale /Way Up! (14週目)
6. Peter White /Playin' Favourites (14週目)
7. The Rippingtons /20th Anniversary(10週目)
8. Tommy Emmanuel / The Mystery (3週目)
9. Jamie Cullum /Catching Tales(51週目)
10. Herbie Hancock/Possibilities(57週目)
11. Marion Meadows/Dressed To Chill(19週目)
12. Lee Ritenour / Smoke'N'Mirrors (6週目)
13. Mindi Abair /Life Less Ordinary(24週目)
14. Michael lington / A song for you (初登場)
15. Kenny G / The Essential Kenny G (36週目)

人気サックス・プレイヤー、ボニー・ジェイムスの "Shine" が初登場トップです。
SmoothJazz.Comのアルバム・チャートではこのボニー・ジェイムスの新譜を抑えてPWが
相変わらずのトップを独走中です。実は今回のPWの新譜は前作"Confidential"より
ランクインが長いのです。"Confidential"はオリジナルCDでしたが、今回の "Playin' Favourites"
はカバーCDです。PWが1994年にリリースした第一弾カバー・アルバムの "Reflections"は
このビルボードのチャートでは最高位13位までしか上がらなかったのでこの10年で状況が
変わったという事でしょうか。PW自身がインタビューで "Reflections" の時はなかなかオンエア
してもらえなかった、と言っていました。彼の人気がずっと安定している事もあるのでしょう。

cover

cover

cover

Boney James
Shine

Medeski Scofield Martin & Wood
Out Louder

Michael lington
A song for you


2006/9/23 日付 ピーター・ホワイト2位に再びアップ! (2006/09/14up)

1 Fourplay / X (5週目)
2 Peter White /Playin' Favourites (11週目)
3 Wayman Tisdale /Way Up! (11週目)
4 The Rippingtons /20th Anniversary(7週目)
5 Paul Hardcastle /Jazzmasters V (7週目)
6 Marion Meadows/Dressed To Chill(16週目)
7 Lee Ritenour / Smoke'N'Mirrors (3週目)
8 Mindi Abair /Life Less Ordinary(21週目)
9 Herbie Hancock/Possibilities(52週目)
10 Kenny G The Essential Kenny G (33週目)
11 David Benoit/ Full Circle(11週目)
12 Jamie Cullum /Catching Tales(48週目)
13 Michael Franks /Rendezvous In Rio(11週目)
14 Eric Darius /Just Getting Started (24週目)
15 Everette Harp In The Moment (16週目)

おお〜っ、PW再び2位に上がっております!スムース・ジャズのチャートではR&Rでシングル
トップを独走中、SmoothJazz.Comのアルバム・チャートでも相変わらずのトップを維持しております。

今週の注目アルバムは期待大のサックス・プレイヤー、Eric Darius の"Just Getting Started" が
チャート24週目にして、先週25位から14位に一気に上がってきております。何と彼は23歳という若さです。
アダルト世代のプレイヤーが多いスムース・ジャズにしては珍しい。2000年の時にリリースした
"Cruisin"の時は何と17歳です。

cover

Eric Darius /Just Getting Started
official site


2006/9/09 日付 ピーター・ホワイト5位 (2006/08/31up)

1 Fourplay / X (3週目)
2 The Rippingtons / 20th Anniversary (5週目)
3 Wayman Tisdale /Way Up! (9週目)
4 Paul Hardcastle /Jazzmasters V (5週目)
5 Peter White /Playin' Favourites (9週目)
6 Lee Ritenour / Smoke'N'Mirrors (初登場)
7 Herbie Hancock/Possibilities (52週目)
8 Marion Meadows/Dressed To Chill (14週目)
9 Mindi Abair /Life Less Ordinary (19週目)
10 Michael Franks /Rendezvous In Rio (9週目)
11 Kenny G The Essential Kenny G (31週目)
12 Euge Groove / Just Feels Right (33週目)
13 David Benoit/ Full Circle (9週目)
14 Jamie Cullum /Catching Tales (46週目)
15 Ramsey Lewis With One Voice (42週目)

cover

Lee Ritenou / Smoke 'N' Mirrors

2006/9/02 日付 ピーター・ホワイト4位 (2006/08/24up)

1 Fourplay / X (2週目)
2 The Rippingtons / 20th Anniversary(4週目)
3 Wayman Tisdale / Way Up! (8週目)
4 Peter White / Playin' Favourites (8週目)
5 Paul Hardcastle /Jazzmasters V (4週目)
6 Herbie Hancock / Possibilities(51週目)
7 Marion Meadows / Dressed To Chill(13週目)
8 Mindi Abair / Life Less Ordinary(18週目)
9 Kenny G / The Essential Kenny G (30週目)
10 Michael Franks / Rendezvous In Rio(8週目)
11 David Benoit/ Full Circle(8週目)
12 Jamie Cullum / Catching Tales(45週目)
13 Rob White / Let It Ride (11週目)
14 Gerald Albright/ New Beginnings (21週目)
15 Everette Harp / In The Moment (13週目)


2006/8/26 日付 ピーター・ホワイト5位 (2006/08/17up)

1- Fourplay / X (初登場)
2 - Wayman Tisdale / Way Up! (7週目)
3 - Paul Hardcastle /Jazzmasters V (3週目)
4 - The Rippingtons / 20th Anniversary(3週目)
5- Peter White / Playin' Favourites (7週目)
6 - Marion Meadows / Dressed To Chill (12週目)
7- Herbie Hancock / Possibilities (50週目)
8 - Mindi Abair / Life Less Ordinary (17週目)
9 - Jamie Cullum / Catching Tales (44週目)
10 - David Benoit / Full Circle (7週目)
11 - Michael Franks / Rendezvous In Rio (7週目)
12 - Brian Culbertson/ It's On Tonight (55週目)
13 - Kenny G / The Essential (29週目)
14 - Rob White / Let It Ride (10週目)
15 - Everette Harp / In The Moment (12週目)

フォープレイの2年振りの新譜が初登場トップです。シングルの"My Love's Leavin'"
(スティーヴ・ウィンウッドの曲)ではマイケル・マクドナルドがヴォーカルで参加、R&Rの
シングル・チャート(8/14付)では6位に入っています。(ピーター・ホワイトの
"What Does It Take" は連続トップを更新中です。)

cover

Fourplay / X (Ten)


2006/8/19 日付 ピーター・ホワイト4位 (2006/08/10up)

1 - The Rippingtons / 20th Anniversary(2週目)
2 - Paul Hardcastle /Jazzmasters V (2週目)
3 - Wayman Tisdale / Way Up! (6週目)
4 - Peter White /Playin' Favourites (6週目)
5 - Marion Meadows/ Dressed To Chill(11週目)
6 - Mindi Abair /Life Less Ordinary(16週目)
7 - Herbie Hancock/ Possibilities(49週目)
8 - Jamie Cullum / Catching Tales(43週目)
9 - Kenny G / The Essential (28週目)
10 - Michael Franks / Rendezvous In Rio(6週目)

1位と2位が入れ替わり、リッピントンズの結成20周年記念アルバムがトップです。
リッピントンズはビルボードのジャズ・アルバムチャートの常連ですがこれで5枚の
アルバムがトップになりました。人気ありますね〜。ちなみに下記のアルバムが以前トップになったもの。

cover

cover

cover

cover

Welcome to the St. James' Club
1990/7/19
発売

Curves Ahead
1991/8/13
発売

Black Diamond
1997/9/16
発売

Wild Card
2005/5/17
発売


2006/8/12 日付 ピーター・ホワイト4位 (2006/08/03up)

1- Paul Hardcastle /Jazzmasters V
2 - The Rippingtons /20th Anniversary
3 - Wayman Tisdale /Way Up!
4 - Peter White /Playin' Favourites (5週目)
5 - Mindi Abair /Life Less Ordinary
6 - Herbie Hancock/Possibilities
7 - Marion Meadows/Dressed To Chill
8 - Michael Franks /Rendezvous In Rio
9 - Rob White /Let It Ride
10 - David Benoit/ Full Circle

ピーターは4位にダウンしてしまいました。1位と2位は初登場です。1位のポール・ハードキャッスル、
2位のリッピントンズは強力ですね。リッピントンズの結成20周年記念アルバムは私も欲しいし・・・。
(前作 "Wild Card" も購入しました)・・・ピーター、ちょっと苦しい状況ですがまだまだわかりません。

cover

cover

Paul Hardcastle
The Jazzmasters, Vol. 5

The Rippingtons
20th Anniversary


2006/7/22 日付 ピーター・ホワイト連続 2位 (2006/07/13up)

1- Wayman Tisdale / Way Up
2 - Peter White / Playin' Favorites
3 - Jamie Cullum /Catching Tales
4 - Herbie Hancock/Possibilities
5 - Marion Meadows/Dressed To Chill
6 - Mindi Abai/Life Less Ordinary
7 - Michael Franks /Rendezvous In Rio
8 - Will Downing /The Best Of Will Downing
9 - Rob White /Let It Ride
10 - Gerald Albright/New Beginnings
11 - Pieces Of A Dream / Pillow Talk
12 - David Benoit / Full Circle
13 - Everette Harp / In The Moment
14 - George Duke / In A Mellow Tone
15 - Kenny G / The Essential


ウェイマン・ティスディル初登場1位、ピーター・ホワイト2位!!(2006/07/06up)

2006年 7月 15日付

1- Wayman Tisdale / Way Up
2 - Peter White / Playin' Favorites
3 - George Duke / In A Mellow Tone
4 - Michael Franks / Rendezvous In Rio
5 - Herbie Hancock / Possibilities
6 - Marion Meadows / Dressed To Chill
7 - Mindi Abai / Life Less Ordinary
8 - Jamie Cullum / Catching Tales
9 - Will Downing / The Best Of Will Downing The Millennium Collection
10 - Gerald Albright / New Beginnings

何と1位から4位までが新譜の初登場です。そしてピーターは又もや初登場が2位です。1位は
ウェイマン・ティスディルの七枚目のアルバム "Way Up" です。あ〜。ぁ〜。・・・。
ウェイマンは初めて?と思いきや、2001年発売の "Face to Face" でもトップに輝いています。
前作 "Hang Time"(2004年)が4位止まりでしたが。
ウェイマンは元NBAの選手という事もあり、かなりでっかいですが笑顔は人なつっこい〜。
ピーターの"Playin' Favorites"ですが、今回は一度はトップになると思います。

cover cover cover

Wayman Tisdale
Way Up

George Duke
In A Mellow Tone

Michael Franks
Rendezvous In Rio


ピーター・ホワイト新作 "Playin' Favorites" リリース直前のチャ−ト (2006/06/20up)

前作 "Confidential" ではノラ・ジョーンズにトップを阻まれ最高位が2位だったビルボードの
トップ・コンテンポラリー・ジャズ・アルバムチャートですが、さて発売をあと一週間に控え
現在のチャートは下記の様になっております。

2006年 6月 24日付

1- Will Downing / The Best Of Will Downing The Millennium Collection
2-Marion Meadows / Dressed To Chill
3-Herbie Hancock / Possibilities
4-Mindi Abai / Life Less Ordinary
5-Everette Harp / In The Moment
6-Gerald Albright / New Beginnings
7-Jamie Cullum / Catching Tales
8-Kenny G / The Essential
9-Eric Darius /Just Getting Started
10-Herb Alpert's Tijuana Brass / Whipped Cream & Other Delights Re-Whipped

Kenny G は常連ですね。いつもいます。Jamie CullumとHerbie Hancockが長く
チャート・インしていますね。1位のWill Downingは2006年 6月 6日にリリースされたばかり、
先週は圏外、今週初登場でNo.1に輝きました。

さて、"Playin' Favorites"と同日発売 (2006.6.27)のアルバムでは
Wayman Tisdale の "Way Up"と David Benoitの "Full Circle"等があります。
Wayman Tisdale の "Way Up はSmoothJazz.Com のチャートではピーターの
"Playin' Favorites"より上位にランクインしております。そのSmoothJazz.Comのチャートで
現在1位のアルバムは Philippe Saisse Trio の "The Body and Soul Sessions " です。
これはビルボードではコンテンポラリー・ジャズ・アルバムではなく、ジャズ・アルバムに
カテゴライズされております。
今回ピーター・ホワイトの"Playin' Favorites"はどうでしょうか??

cover cover cover cover

Will Downing
The Millennium Collection

Wayman Tisdale
Way Up

David Benoit
Full Circle

Philippe Saisse Trio
The Body and Soul Sessions