top  bio  music  pics

leader CD / appearance


Manhattan Nights

Release Date : 2010 /03 /30
Label : Trippin N' Rhythm

Amazon.co.Japan

cover 1. If You Know What I Mean
2. That's What She Said
3. Always Together
4. Dancing With You
5. Love You All Night Long
6. One More Time
7. Coolsville
8. No Nachos For Puppies
9. Floating On A Breeze
10. Dreaming Of You
11. D'Groovealicious
12. Manhattan Nights
13. How Deep Is You Love
14. Song For Dianne

musicians:

Jaared / sax
Mike Broening / producer, keyboards
Mel Brown / bass
Freddie Fox / guitars
Michael White / drums
Greg Adams / trumpet, flugelhorn
Bill Churchville / trumpet, flugelhorn
Nick Lane / trombone
Paul Dvid / guitars
Thano Sahnas / acoustic guitar
Gary Grainger / bass
Tony Morra / drums
Cindy Bradley / trumpet, flugelhorn
Tim Bowman / guitar
Lee Thornburg / trumpet, flugelhorn
John Herrera / drums, percussion
Attila Molnar / keyboards
Michael Broening / keyboards
U-Nam / guitar
Mario Mendivil / bass


Addiction

Release Date : 2008 /02 /05
Label : Trippin N' Rhythm

Amazon.co.Japan

Jaared - Addiction - Jamaican Winds

cover 1. Piccadilly Circus (Silk/Jaared)
2. That's Alright (Silk)
3. You Like Me Don't You (Jermaine Jackson)
4. Addiction (Silk/Jaared)
5. Crosswalk (Silk/Jaared)
6. Blinded by Delight (Silk/Jaared)
7. Cruisin' The Strip (Silk/Jaared)
8. Jamaican Winds (Earl Klugh)
9. Nights in Rio (Silk/Jaared)
10. Your Smile (Silk/Jaared)
11. Bonus Track: Deuces Wild (Silk)

musicians:

Jaared / Sax
Julian Crampton / Bass
Gary Grainger / Bass
Robert Hadley / Mastering
Steve Oliver / Guitar
Matt Park / Guitar, Soloist
Simon Russell / Executive Producer
Oli Silk / Keyboards, Programming, Vocals, Producer, Engineer, Mixing

マーカス・ジョンソンのThree Keysを離れTrippin 'N' Rhythm RecordsからのデビューCDとなる"Addiction"が
やっとリリースされました。2006年3月にTrippin 'N' Rhythmと契約してから、なかなか出そうで出ませんでした〜。
前作 "Hang Time"から実に5年以上も経っておりJaared自身が一番、リリース出来た事を喜んでいると思います。

さてこの"Addiction"ですが、Oli Silkのプロデュースという事もあり、切れも良くメロディアスでもありクールな仕上がりです。

一曲目の"Piccadilly Circus"は軽快なアップテンポ。Jaaredのスキャットにアルトsax、Oli Silkのプログラミングも
冴えております。ピカデリー・サーカスはソーホーから歩いて行きましたが(割と近い)ロンドンでも人気の待ち合わせ
場所なので賑やかです。ざわめきの感じとかが曲に良く表現されてて、あ〜、行きたい〜と思ってしまう・・・。

アール・クルーの"Jamaican Winds"がとても良い!Steve Oliverはテクありますからね。
この曲は最初、Peter Whiteに弾いてもらうつもりだったのですが、当時PWはものすごく忙しくて無理だったので
Steve Oliverに頼んだそうです。哀愁あるアコギがJaaredのソプラノと美しくコラボっておりジ〜ンと胸に来る一曲です。
Jaaredの
MySpaceでフルに聴けますのでぜひどうぞ。

最初のシングルとなった"Your Smile"はこのCDの中では一番しっとりとJaaredのアルトsaxを聴く事が出来ます。

Jermaine Jacksonの"You like me don't you"では、まるまるJaaredのボーカルです。Jaaredはとても歌がうまくて
ライブで聴いていても声量がかなり、あります。Mindi Abair もそうだけどホーンやってると肺活量や声量が更にパワーアップ
してきて歌がどんどんうまくなってくるのかも。"You like me don't you"では甘いボーカルを聴かせております。
オリジナルの"You like me don't you"はこんな感じです。

ボーナストラックの"Deuces Wild"はOli Silkの2006年発売の"So Many Ways"でコラボした曲。 乗り乗りです。


Hang Time

Release Date : 2002/10/1
Label : Three Keys

Amazon.co.Japan

Jaared - Hangtime

cover 1. Make It Happen (P.Cooper)
2. Hangtime (J.Arosemena/N.Smith)
3. Ibiza (M.Johnson/R.Vally)
4. How Much I Feel (David Pack)
5. Crazy Love (Van Morrison)
6. Moonbeams (N.Smith)
7. Happy Times (M.Johnson)
8. Wishing on a Star (Billie Rae Calvin)
9. Sensation (Jackiem Joyner )
10. Search Light (N.Smith)
11. Foreward: I Love You <Live>(M.Johnson)

musicians:

Jaared / Sax
Peter White / Guitar
Marcus Johnson / Keyboards, Producer
Ken Navarro / Guitar
Earl Carter / Guitar
Stanley Cooper / Guitar
Eddy Montalvo / Percussion
Lorenzo Sands / Bass
Kevin Stixx / Drums
Jackiem Joyner / Programming, Producer
Roberto Vally / Producer

一曲目"Make It Happen"とタイトル曲"Hangtime"とたたみかけるように如何にもワシントンDC的なJaaredのGrooveが
弾けております。東っぽいサウンドですね〜。
"Ibiza"ではKen Navarroのアコギから入りメロディアスに盛り上がっていきます。美しく流れる様なKen Navarroの
ギターにJaaredのsaxも歌っています。いい曲です。
David PackのAmbrosia時代の代表曲"How Much I Feel"、Van Morrisonの"Crazy Love"とカバー曲を収録。
Pwtwe Whiteとのコラボが嬉しい"Happy Times"はライブでも時々演奏されます。タイトル通りのハッピーな曲。

"Sensation"はJackiem Joynerの曲なのでプロデュース&プログラミングも彼がやってます。メロディアスな展開が
素晴らしい、いい曲です。Stanley Cooperがアコギを弾いています。
Jackiem Joynerも以前はThree Keysのミュージシャンでしたが今はリック・ブロウンとリチャード・エリオットのArtizenです。
2007年Artizenから発売されたCD"Babysoul"はまだまだチャート内に入っています。
まだ20代ですがコンポーザーやプロデュースの才能もあるこれからが楽しみな一人です。彼もsax奏者です。

"Search Light"もスピード感ある流れが気持ち良い。途中のピアノはMarcus JohnsonでなくNate Smithです。

ボーナス・トラックにライブの"Foreward: I Love You"が収録されています。これはワシントンDCのジャズ・クラブ
Blues Alleyでの時のものでJaaredの肺活量のすごさがわかる一曲です。実際のライブでもブレスなしで膨らみのある
いい音を出しまくりなので会場は盛り上がりますよ〜。
とても子供の頃、喘息持ちだったとは思えません。Jaared、うまいですよ〜。


Foreward

Release Date : 2001/04/17
Label : Lightyear (Three Keys)

Amazon.co.Japan

cover 1. Spider Web (N.Smith)
2. Love's Taken Over (C.Law/S.Moore)
3. Foreword: I Love You (M.Johnson )
4. You (N.Smith/D.Fowlkes)
5. Jaared's Groove (M.Johnson )
6. My First Love (R.Winbush/A.Winbush)
7. Baby Come Back (P.Beckett/J.Crowley)
8. Final Score(M.Johnsn/S.Pruitt)
9. Cruisin' (W.Robinson/M.Tarplin)
10. Star Spangled Banner (F.Scott Key)

musicians:

Jaared / Sax, Vocals
Stanley Cooper / Guitar
David Dyson / Bass
Marcus Johnson / Producer, Programming
Eddie Miller / Keyboards
Nate Smith / Keyboards, Producer
Larry Mc Gee / Guitar
Gary Davis / Guitar
Duane Fowlkes / Vocals

Jaared 34歳の時のデビューCD。2001年4月発売。
全体にアーバン的な雰囲気に溢れた東のスムース・ジャズ。
ファースト・シングルはカバー曲で、シャンテ・ムーアのデビュー曲である"Love's Taken Over"
Jaaredはニュー・フェイスとして注目を集め、2002年の全米スムース・ジャズ・アワーズの2002年
"Best New Artist"にノミネートされます。

シャンテ・ムーアの"Love's Taken Over"のビデオ。ウィスパーボイスが素敵ですね。

Chante Moore
"Love's Taken Over"