Acoustic Alchemy  bio  music  pics

CDs 1987~1993    1994~2004    2005~      DVD / VHS 


2005 "American/English" (Higher Octave Music)

2005年3月29日に発売。

Amazon.co.Japan

Acoustic Alchemy - American / English

cover 1. The Crossing (Carmichael/Gilderdale)
2. Say Yeah (Carmichael/Gilderdale)
3. So Kylie (Carmichael/Gilderdale)
4. Trinity (Carmichael/Gilderdale)
5. The Detroit Shuffle (Carmichael/Gilderdale)
6. Cherry Hill (Carmichael/Gilderdale)
7. She Speaks American English (Carmichael/Gilderdale)
8. Lilac Lane (Carmichael/Gilderdale/Norton)
9. The 14 Carrot Cafe(Carmichael/Gilderdale/Norton)
10. Get Up (Carmichael/Gilderdale)
11. The Moon And The Sun(Carmichael/Gilderdale/White)

                                                      


ファースト・シングルになった"Say Yeah"を聴いて
その洗練されたボーカル・ハーモニーがすごくきれいなのにびっくり。
しかし"So Kylie"を聴いて更にびっくり。これは何とカイリー・ミノーグに捧げた曲。
イギリスではダンス・ミュージックがすごく人気があってマイルス・ギルダーディルは
僕等もかなり聴いている、との事。
JazzTrax Radio Show の3月27日のオンエアでマイルスは
"Kylie, I love you"と2回も言ってます・・DJのArt Good(この番組のプロデューサー)は
この曲が一番気にいってるそうで、わたしも"So Kylie"大好きです。カイリー・ミノーグの
"Can't get you out of my head"とハーモニーの部分がちょっとかぶりますが。

"Cherry Hill "はアルケミーらしい静かな曲です。
キーボードのトニー・ホワイトが作曲に加わった "The Moon And The Sun"は
ダンス・ミュージックとグレッグのフラメンコ・ギターが絶妙なバランスで唸りました。

相変わらずレベルの高い音作りです。プロデューサーのRichard Bullの
プログラミングも冴えていると思います。
ますます進化するアルケミー、期待を裏切らない新譜です。

musicians
Greg Carmichael / guitar
Miles Gilderdale / guitar
Frank Felix / bass
Anthony White / keyboard
Greg Grainger / drums
Eddie M / sax,vacking vocal
Neil Cowley / keyboards
Snake Daves / sax
Brendan Reilly / vacking vocal
Julie Dennis / vocals
Patric Clahar / sax
Fayyaz Virgi / trombone
Kevin Robinson / tp
Jamie Norton/ keyboards
John Goldsby / bass
Mike Herting / keyboards

Producer /Richard Bull, Greg Carmichael, Miles Gilderdale


2007 "This Way" (Narada)

2007年 6月5日発売

Amazon.co.Japan

Acoustic Alchemy - This Way

cover 1.Love Is All There Is (G.Carmichael/M.Gilderdale)
2. Ernie (G.Carmichael/M.Gilderdale)
3. Who Knows (G.Carmichael/M. Gilderdale/A.H.White)
4. Slampop (G.Carmichael/M.Gilderdale)
5. Out of Nowhere (G.Carmichael/M.Gilderdale)
6. This Way (G.Carmichael/M.Gilderdale)
7. Tied Up With String (G.Carmichael/M.Gilderdale)
8. Only In My Dreams (G.Carmichael/ M.Gilderdale)
9. Carlos the King (G.Carmichael/ M.Gilderdale)
10. Egg (G.Carmichael/M.Gilderdale/A.H.White)
11. Now I'm On My Way (G.Carmichael/M.Gilderdale)



1. Love Is All There Is
オープニング曲はマイルスが早くから創っていた曲。
グレッグ・グレインジャー(ds)とマイルスのコーラスから入ります。
スネイク・デイビスのアルト・サックスのソロが効いています。

2. Ernie
マイルスが好きなギタリスト、アーネスト・ラングリンに捧げた曲。
デニス・ロリンズのトロンボーン、テリー・デズレーのピアノ、
ジェフ・カシワのサックスと聴き所満載、な曲。

3. Who Knows
さてアルケミーの若きキーボーディストのTony "Fred" Whiteですが、彼は今回、トランペットを
プレイしており(!)、びっくりです。グレッグとマイルスも今迄聴いた事がなかったので驚いた
様ですがライナーノートにもある様に、"very cool and very Fred"です。

5. Out of Nowhere
グレッグがマジョリカ島に家族とバカンス中にメロディが浮かんだけどギターは家においてきたので
ロンドンに帰るまでは頭にホールドしていたそうです。
アルケミーらしい、というかグレッグらしい良い曲です。

6. This Way
タイトル曲 "This Way"もグレッグとマイルスのギターだけのシンプルなナンバー。
静かな中にも深みのある曲でグレッグはマイルスのワイリングギターを気に入ってるそうです。

9. Carlos the King
グレッグとマイルス、2人共が大ファンであるギタリスト、カルロス・サンタナに捧げた曲。
リック・ブロウンのホーンが美しいです

ポーランドの歌姫、バーシアの長年のパートナーであるケビン・ロビンソン(tp)が前作にひき続き
3曲ほど参加しております。
2006年秋のロンドンでの
ピーター・ホワイトのショーにちょっとだけ参加してて
少し話をしましたがとても優しい感じでした(顔はごっついけど)。
(ベースのフランク・フェリックスがいなくなったのは寂しいですね。)

musicians

Greg Carmichael / guitar
Miles Gilderdale / guitar
Anthony White / keyboard, trumpet
Greg Grainger / drums

Terry Disley /piano
Neil Cowley /piano
Jeff Kashiwa /sax
Snake Davis /sax
Rick Braun /flugel horn
Julian Crampton/ bass
Kevin Robinson / trumpet, flugel horn
Dennis Rollins / trombone
Mike Herting / piano
Paul Harriman/ bass
John Goldsby / bass
JulianCrampton / bass
Bert Smaak / drums

 


2011 Roseland (Onside)

2011年 9月27日発売

Amazon.co.Japan (Heads Up)

Amazon.co.Japan (Onside)

cover 1. Marrakesh
2. One For Shorty
3. Templemeads
4. Marcus
5. The Ebor Sound System
6. The State of the Ark
7. Swamp Top
8. Sand On Her Toes
9. Roseland
10. World Stage
11. Stealing Hearts
12. Right Place, Wrong Time
13. A Kinder Loving

musicians

Greg Carmichael / guitar
Miles Gilderdale / guitar
Anthony White / piano
Greg Grainger / drums Bass
Snake Davis / Sax
Ian Chalk / Trumpet
Julian Crampton / Bass
John Goldsby / Bass
Sam Hobbs / Drums
Dan Mizen / Drums
Ricky Peterson / Organ
Malcolm Strachan / Trumpet
Fayyaz Virji / Trombone

 


Acoustic Alchemy Acoustic Alchemy - Acoustic Alchemy - Early Alchemy