appears on 2004


Alexander Zonjic "Seldom Blues"

実力派フルート奏者アレクサンダー・ゾンジックの最新CD "Seldom Blues"
に参加。"Isabela" をピーターとジェフ・ローバーで共作しております。

2004/11/23発売 Heads Up

cover Tracks
1.Leave It With Me
2.Seldom Blue
3.Az Does It
4.Isabela
5.People Make the World Go Round
6.Spill the Wine
7.Sweat
8.Under the Moon and Over the Sky
9.Quantum
10.Britters

 


Robin Lamble "Out Of The Blue"

元アル・スチュアート・バンドのロビン・ランブルが初CDをリリースしました。
ロビン・ランブルの公式サイトから入手出来ます。

http://www.robinlamble.com

ピーター・ホワイトは "I Want The Moon" にギターで参加しております。

この曲は1981年の "Shot in the dark"(アル・スチュアートのバックバンドのメンバーがリリース
した最初で最後のアルバム)に収録されている曲と同じ曲ですが、今回新しくプレイされています。
当時はアダム・ヤーマンのハードロック張りのリード・ギターにブライアン・サベージのサックスが
フィーチャーされておりピーターはキーボードをプレイしていましたが、今回のニュー・バージョンでは
ピーターのアコースティック・ギターにスティーブ・チャップマンの淡々としたドラムをフィーチャー。
シンプルなアレンジになっております。

Tracks
1.Out of the Blue
2.I Want The Moon
3.The Train Set
4.Get A Grip
5.Freeway
6.Given
7.No Surrender
8.Prayer
9.Touch Me
10.Promise
11.Welcome
Musicians
Robin Lamble/vocals,guitars,violin,keyboards
Peter White/guitar
Steve Chapman/percussion
Krysia Kocian Haber/ vocals
Lenise Bent /vocals
Bob Metzger/guitar
Shane Fontayne/guitar
Hutch Hutchinson/bass
Pam McKenna /vocals

Al Stewart /Lyrics "The Train Set"

 


David Sparkman "Livin' for Love"

ピーター・ホワイトのツアー・メンバーであるデビッド・スパークマン(vo, key)の
リーダー・アルバムです。ピーターは2曲にギターで参加。
デビッドの公式サイトから入手出来ます。

http://www.davidsparkman.com/

三歳から歌い始めたというデビッドのヴォーカルはライブで聴いても素晴らしかったです。
ピーターもバック・アップしていますがもっと知られてもいいミュージシャンです。

Tracks
1. TRYING TO LIVE MY LIFE WITHOUT YOU
2. ANYTIME
3. IN YOUR DREAMS
4. I WISH YOU WERE MINE
5. WHATEVER HAPPENED TO LOVE
6. SOMETHING I SAID
7. NARROW
8. FAITHFUL
9. SHE LOVED ME
10. TWO PEOPLE
11. LIVIN' FOR LOVE

 


Gerald Albright "Kickin' It Up "

マルチサックスプレイヤー、ジェラルド・アルブライトの新譜にピーター・ホワイト参加。
ジョン・メイヤーの
"Why Georgia" をカバーしております。

2004/6/08 発売 GRP

cover 1. 4 On The Floor
2. To The Max
3. Why Georgia
4. Walker's Theme
5. Condition Of My Heart
6. Throw Yo Hands (In The Air)
7. Father's Lullaby
8. On The One
9. Kickin' It Up
10. If You Don't Know Me By Now

アルバムジャケットをクリックするとAmazon.Japanにいきます。


Matt Bianco "Matt's Mood"

マット・ビアンコの新作 - "マッツ・ムード"
ピーターの弟、ダニー・ホワイトと歌姫バーシアが何とマット・ビアンコで復活。
ピーターは #1, #2, #5, #7, #8 にギターとアコーディオンで参加しています。

Amazon.Japan / マッツ・モード (日本盤 -2004/5/26発売)
                          Matt's Mood US盤 2004/06/08発売 )

cover 1.Ordinary Day
2.I never meant to

3.Wrong side of the street
4.La Luna
5.Golden days
6.Ronnie Samba
7.Say the word
8.Kaliedo scope

9.Slip & sliding
10.Matt's mood III
11.Ordinary Day - edit2
(Bonus Track-Japanese Version)
Mark Reilly
Danny White
Basia
Peter White
Kevin Robinson
Andrew Ross
Julian Crampton
Ronnie Ross
Andres Lafone
Tony Mason
Tim Cansfield
Tony Remy


Danny


Roger Smith "Just Enough "

ロジャー・スミス (Tower of Power) の新譜 "Just Enough" に
ピーターが作曲した "Workin' It" でギターをプレイしています。
この曲は2000年にリリースしたロジャー・スミスの
"Consider This "にも収録されています。

2004/04/06 発売 Trippin 'N' Rhythm Records

cover 1. Rough Cut (Smith)
2. Just Enough (Smith/Toca)
3. Vega (Smith)
4. I'll Always Love You
                           (Droke/Ford/Smith)
5. Workin' It (White)
6. Sunset Dreams (Ingram/Smith)
7. Hali' Imaile
                      (The Maui Song) (Smith)
8. Friday (Carter/Daniels/Smith)
9. Tunisia (Allen)
10. Perfect Circle (Smith)
11. Just Another Day (Allen)
12. Roger's Groove (Smith)
13. Friday / Remix
                        (Carter/Daniels/Smith)
Roger Smith - piano,organ,
The Temptations - Vocals
Dave Koz - Saxophone
Peter White - Guitar,Producer
Derek Allen - Guitar, Percussion,
                            Producer
Kevin Chokan - Guitar
Lynne Fiddmont - Vocals
Phillip Ingram - Vocals
Thom Rotella - Guitar
Dino Soldo - Sax
Norbert Statchel - Sax,
                         Horn Arrangements
Terrell Carter - Vocals
Mingo Valentino - Guitar
Richard Raymond - Guitar
Adolpho Acosta - Trumpet, Brass
Mike Bogart - Trombone, Trumpet

 


Paul Brown "Up Front"

スムースジャズ界、一番人気の大物プロデューサーである
ポール・ブラウン初のリーダー・アルバム。


ピーターはカバーソングの "My Funny Valentine"(Rodgers & Hart)を
をプレイしています。ポール・ブラウンとのギター・コラボレーションはこの
超スタンダードの新しい魅力を引き出しており一聴の価値あり。

Amazon.Japan / アップ・フロント (日本盤 -2004/2/21発売 Universal Jazz)
                          Up Front US盤 2004/02/24発売 GRP)

cover 1. Wes' Coast Swing
2. Angel
3. Moment By Moment
4. Don't Let Me Be Lonely Tonight
5. My Funny Valentine
6. Phat City
7. Sweet Sweet Love
8. Ain't No Sunshine
9. Chill Out
10. 24/7
11. Dear Ndugu
12. Moondance
Paul Brown / Guitar, Vocal
Rick Braun / Trumpet
Boney James / Saxophone
Chuck Loeb /Acoustic Guitar,
          Keyboards
Jeff Lorber / Vibraphone
Peter White / Guitar
Jerry Hey / Trumpet, Flugelhorn
Bill Reichenbach / Trombone
Larry Williams / Saxophone,
          Keyboards
Roberto Vally / Bass, Keyboards

 


Various Artists "Love Project "

バレンタイ・デーをターゲットに編集されたCD。ピーター・ホワイトの
"Everyday" は 1990 年発売のピーターの初リーダー・アルバム
"Reveillez-Vous" から。

2004/01/27 発売 Narada

cover 1 Don't Let Me Be Lonely Tonight / Euge Groove
2 For the Love of You / Frayne
3 All This Love / Jeff Lorber
4 A Song for You / Joyce Cooling
5 Free / Walter Beasley
6 Moondance / Ramsey Lewis, Nancy Wilson
7 Love T.K.O. / Alex Bugnon
8 That Girl / Chicago Project
9 Wonderful Tonight / Warren Hill, Jeff Golub
10 Baby Come to Me / Urban Knights
11 What the World Needs Now / David Benoit
12 Everyday / Peter White

Amazon.Japan で入手できるCDについてはアルバム・ジャケットをクリックするとAmazon.Japanにいきます。

Peter White